アールのレジーム百科 炭水化物・たんぱく質・脂質とダイエットの関係

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たんぱく質とダイエットの関係

よく、ダイエットには、炭水化物と脂質を減らして
良質なタンパク質を摂ることが大切だと言われていますが

『炭水化物ダイエット?』や『油で痩せる』の記事を書きましたが
個人的な意見では、「痩せること」に特化していえば、
タンパク質の摂取よりも、他の面が重要で、
ご飯や小麦粉、じゃがいもなどにも多く含まれるし、
タンパク質をそこまで意識的に摂取する必要ないんではないかなと思います。

タンパク質は水分に次いで、人体構成の多い部分と言いますが
だからと言って、糖分よりもタンパク質を摂らなくちゃ!というのは間違っていて
多くは炭水化物からも体内でアミノ酸が合成されて、作られます。

実を言えば、タンパク質も分解して糖質に変換される働きが体で働いているし、
炭水化物からもアミノ酸が合成されます。

なので、体質によって、どちらの働きが強いかなどで、
肉を食べても太らない体質の人と、
ご飯を食べても太らない体質の人がいます。
日本人はもともと肉を食べてこなかったので、
後者の働きの方が強い傾向があるので、『たんぱく質で痩せる』という話や、
『炭水化物ダイエット』という話が
よく話題に上がるけれどけれど注意が必要という話。

タンパク質が不足すると、代謝が落ち、太りやすく・痩せにくい体になり
循環が悪くなり、むくみやすくなると言います。
なのでダイエットをして逆に太ってしまう理由のひとつにタンパク質不足があげられます。

過度なダイエットをした影響で、肌荒れや、抜け毛、
内蔵機能の低下、集中力の低下、睡眠障害、うつ病など…。
その他の美容や健康、精神へ影響など。
これらのダイエットの影響での
健康被害の大部分は、タンパク質不足に寄るものです。

ただ、タンパク質が不足していても、痩せられるしある程度健康でいられたりして、
個人的には肉類をほとんど食べずタンパク質をほとんど摂らないので体重が30kg代に、
割と苦労することなく行くことがあり、
タンパク質を摂らない方が、簡単に体重が減少する様に思えるのですが
私の基礎代謝は1000kcal未満ということだったので
「タンパク質を摂らないと簡単に痩せられる」というのが落とし穴で、
徐々に、基礎代謝が低く、蝕まれて行くのかも…?しれないです。

ただ、個人的には体質上の問題か、基礎代謝量が低くても、運動していなくても、
筋肉量は多くて、割とたくさん食べても太りにくく、痩せやすいです。

基礎代謝量という数字が別に痩せにくいということに関係していない様にも思えるし、
たんぱく質が不足していても、別に痩せられるのだと思うのですが

肌がキレイで、痩せていて、胸も大きい、という完璧な体をしている人は、
きちんとタンパク質を摂っている人が多いと言います。
痩せると胸から痩せる、お腹から太るというのは、タンパク質不足の典型と言います。

「簡単!糖質を摂らないだけで痩せる!」という話があったりしますが
これが正しいと言いたいわけではないですが、
糖質さえ摂らなければ、たんぱく質と脂質だけなら
たくさん食べても脂肪が生産されないという話なのですが、…というのは
油であげた肉とかになるんでしょうか。そればっかりたくさん食べるなんて、死んでしまいます。
糖質のみを摂らないなんていうことは不可能だし、
実現したころには病院に運ばれることが簡単でしょうし、
多くの人の場合では、偏って摂りすぎたたんぱく質と脂質から、
脂肪がたくさん生産されることになると思います。
『偏った食事』は人によっては肥満に導き、人によっては『痩せすぎになる』というのはあるのですが
個人的には、運動せず、甘いお菓子をたくさん食べても太らないです。
むしろ、『タンパク質の摂らない偏った食事』から、脂肪が作れなくなる、という様な感じもします。
体の肉を形成しているのはたんぱく質の働きということなので、単純な話、
それも大きくあるのだと思います。
(食べても食べなくても太らないし、運動してもしなくても痩せないし太らない?など…)

タンパク質が摂れていないということに、ふと焦って、肉を食べる様にしたこともあるのですが
そして今までまったくついたことがなかった部位に肉が付く様になったこともあります。

特に、運動不足で太る、というのをあまり感じたことがないのですが
肉を食べたり、たんぱく質の摂取を心がけてみると、急に運動をしないと太る様になったりしました。

糖質を摂りすぎると太るということですが、糖質の方が簡単にエネルギーに変換されやすく、
相性の良い、コーヒーを飲むなりお茶を飲むなりなんなりで簡単に分解されるという感じがします。

食事は簡単な、ふりかけご飯だけ、など、ついつい簡単だから炭水化物を選んでしまうから
太るかな…という様な話を聞いたりするのですが、何か1品だけ簡単に食べるというなら
やはりエネルギーとして効率よく使われるパンやおにぎりなど、炭水化物の方が無難に思えます。
生理的に合っていることが、やっぱり一番太りにくいのだと思えます。

軽食としてパンだけ、おにぎりだけ食べる、という人で、
炭水化物しか食べていないから太っているかといえば、どちらかといえば痩せている人が多いです。
理由は軽食で持つ様になるから、ということかもしれませんが
肉をメインの食事を摂ろうとなると、脳味噌に満腹虫垂である、糖質が送られて来なくなるので
大食いになりがちです。結局、水・塩・『糖分』と第一に来る様な
栄養素を摂らずにいることはできず、胃が大きく広がる結果になってしまいます。

『肉を食べないのは間違ったダイエット』という話がよくありますが
実際のところ肉が苦手という人は肉を食べない人は痩せているというイメージの通り、
痩せていることが多く、単純に多くの人が連想することが
実際は多くの人がそのままその通りに作用しているのではないかと思えます。

ヨーロッパなど、肉をよく食べる地域ほど、実際のところ太っている人が多いです。

ただし、ダイエットに成功しない人の話で、
普段の食事量から、急にタンパク質が不足する様になると、
食事は減らしているのに太りやすくなったり、
運動してもちっとも痩せなかったりという、非合理なことを招いてしまうことがあるので
それはとても大きなことなので、
忘れてはならない知識として、ひとつ、頭に入れて置きましょうということだと思います。
そこまでダイエットは第一にタンパク質を摂ること、とまではいかないのではないかな、と思います。

肉と野菜だけにして、ご飯を抜いたら痩せた、
ご飯と野菜だけで肉を食べなければ、痩せる、など

肉をぬいたり、ご飯をぬいたりで痩せるという話はたくさんありますが
まあ、一番のところ、野菜をぬいて、
ごはんと肉だけ食べるのが太るというのが言えるのかもしれませんが…。

白米と肉の組み合わせが、
肉のたんぱく質の体を作る栄養素と、脂肪分と、白米の糖質の脂肪の生産をする作用が
効率よくお互い作用しあい、脂肪をよく体内に取り込むようになるという理屈も。

なので肉とお米を同時に摂るのを控える、というのは確かに痩せるのかもしれません。

強い高タンパクを摂る瞬間があると痩せるというのがあり、
今日はひさびさの焼肉だからたくさん肉を食べたいから、お米を抜く、など
一時的にたくさん肉を食べる時に、お米を摂らないと痩せるというのは本当にありますが

日常的にたんぱく質を摂ろうとして、毎日3食肉類をかならず何か食べるということをすれば、
肉を食べない、炭水化物ばかりの人よりも、そんなに食べていないにも関わらず、
体重が重い、という結果になりがちかと思います。

「肉類はたまに」というのが健康にも良いということだそうで。

たとえばアフリカの人など、野性的な生活を送っている人は
肉を食べているイメージが強いかもしれないけれど
肉は祭りの日くらいしか食べないという低摂取な生活だったりして、
それでもほとんど筋肉という体をしていたり、
タンパク質が不足しない様に肉をたくさん食べよう!ということはない様な気がします。

それにアフリカの人とかは、
食事として朝に1杯ミルクを飲み、夜に数粒ナッツを食べるだけ、という食生活だったりしますが
豆やナッツは、体内でのタンパク質の合成を高めるという作用があり
この体内で合成できるというのが非常に有効なのだと思うのですが
肉よりも丈夫な体が出来るという話で、加えて豆やナッツの油は
強い脂肪燃焼作用もあるので、毎食のたんぱく質を補給する食材に取り入れたい食品です。

私は肉を食べず、豆やナッツをよく食べるのですが、
異様に筋肉率が高く、体脂肪率が低いです。
たんぱく質の総摂取量は1日30gにも満たないことが多いと思います。
なので、豆やナッツが、脂肪燃焼して、強靭な体を作ると非常に強力な食材なのだと思えます。

豆類の栄養素の記事の方でちょっと書きましたが、
人間の細胞が最も近いのは、『大豆』だという話で、
聖書では、人間は『ちり』から作られたという風に書かれていたり、
はたまた、マンドラゴラという植物から人間は作られたという話があったり、
興味深いことに、人間の細胞を分析してみると、
他の動物とはまったく異なる奇妙な点があったそうで、
チンパンジーよりも、植物である『大豆』が一番人間に近い、ということがわかったそうです。
そして、世界で最も長寿命の日本人は、世界で最も大豆を食べているという話です。
人間の体は肉だから、肉を食べるのがタンパク質の吸収率が高い、という話がありますが、
本当は人間の体にあってるのは豆であるという話で、
ただし、植物性のタンパク質は、タンパク質の周りに植物の壁があり、
吸収率が悪いと言う話も有り、豆を食べ慣れていない人は、豆が消化に悪く感じ、
肉を食べ慣れていない人は肉が消化に悪く感じるし、
いろんな要素があって、要はこの辺りは体内でどの働きが強いか、
体質によるのではないかと思いますが、
日本人はどちらかといえば、肉を食べず、豆を食べてきたので、
特に、後方寄りの人が多く、本当は肉が消化できていないという話があります。

日本人特有に、お米に含まれているタンパク質から、
アミノ酸をを合成する能力が高いという話もあり、
本当に個人的な話ですが、私は離乳食の時期に、
米粒しか与えられなかったという話で、少し大きくなってからも、
その所為か、食べたいと思えないものが多く、
お米しか食べないという生活をしていたりしました。

なので疲れやすかったり、風邪をひきやすかったり、運動は一切出来なかったり…
というのがありましたが、何故か、筋肉質ではありました。
それに子供の頃、ほとんど不純物のないお米ばかり食べていたからか、血液の状態や
内蔵の状態が、こんなにきれいな人、滅多にいないとまで言われました。

後方はあまり関係ありませんが、日本人はお米に含まれている成分から、
タンパク質を合成する酵素の様なものがあるという話は本当なんだなと思います。
ただ、お米しか食べていなかったりすると、
たぶん、ほんのちょっとで足りるそのほんのちょっとが足りないんだな、という感じ。

1歳だったか2歳だったか、詳しいところは忘れてしまったのですが
生後何歳かまでに、肉を一切口にすることがないと、
体内でのタンパク質の合成ができる体になるという話があります。
人間の体は本来、草食でも生きられる様に出来ているという話で、
それが、乳幼児期に、肉を口にすることで、
体内でのアミノ酸の合成をすることが一切できなくなり
肉食べないと持たない弱い細胞の体になるということです。

これは一度大人に育ってしまってからは、どうしようもない話かもしれませんが、
なのでこれから赤ん坊を育てる方は、赤ん坊の離乳食に肉は控えた方が良いかもしれないという話。

それが正しいという訳ではありませんが、
個人的には、葉食主義寄りの考え方なので。
世界ギネス記録の寿命を持つ人は、
自分の畑でとれた芋しか食べないという生活を送っていたそうです。

それから人によっては「肉、肉、肉だ~」と目を輝かせると思いますが
私の場合、「豆、豆、豆だ~」と本当に目が輝くくらいに豆が好きです。

納豆1パック辺り、タンパク質8g程度にしかならないので、
タンパク質の量は肉よりも特別に多いということはなかったり
植物性のタンパク質は動物性のタンパク質より吸収率が落ちるという話もありますが
ただ私は、肉なんてほとんど食べないけれど、筋肉率36%の、体脂肪率5%の体だったりで
ナッツや豆や穀物は、脂肪燃焼作用が高く、
糖分の分解を助ける栄養素があり、
その上、体内でタンパク質の合成ができる酵素が含まれるというトリプル要素があり、
そちらの方が断然、大きいんだろうなと思っています。





こういった数値をあまり気にしない方が良いのだと思いますが、
一日に必要なタンパク質の量は、
体重1kgに対して、1g~2gということですが
こちらのサイトで見る限り、

卵1個60g辺り、タンパク質7.38g
牛肉100g辺り、タンパク質14.4g
豚肉100g辺り、タンパク質14.2g
鶏肉100g辺り、タンパク質16.2g
納豆1パック(50g)タンパク質8.25g
ご飯一膳(160g)辺り、タンパク質4g
バナナ1本(90g)辺り、1g

ということで、動物性のものが苦手という訳でなくても、
割と、一日50gもタンパク質を摂るのは大変で、
多くの人が慢性的にタンパク質が不足していると言います。

それに同じく
牛肉100g辺り、脂質32.9g
豚肉100g辺り、脂質34.6g
となっており、
肉を食べることでタンパク質を十分に補うのは大変で
必要な脂質を上回るのは簡単という訳です。

タンパク質不足という話を過度に気にして、
無理して?肉を食べるよりかは
多少、タンパク質が不足していても、健康だし、痩せる…という面も大きいです。

毎食、何かしら肉類などを食べないと
必要な量が摂取できないという計算になりますが
実際のところ、タンパク質が一日の必要量をまるでとっていない人も
多くは健康で、そこまで意識してタンパク質を摂る必要はないかと思います。
毎食肉を食べていたら、動物性脂肪の量が軽くオーバーしてしまいます。

ただ、肉や卵・乳製品のタンパク質が、吸収率が良いとされています。(魚は若干落ちるそうです。)
体内で合成できない、必須アミノ酸が豊富に含まれているという話で、
肉で体作りをするのであれば、鳥肉や卵が、低脂肪・高タンパクなので、おすすめという話です。

それから豚肉には、体の代謝を良くする栄養成分が多いということですが、
食べる量はほんのちょっとで良いということです。
牛肉には男性ホルモンを増やして、タンパク質の形成を高める働きがある…というのもあるそう。

余計な物を摂らずに、タンパク質を摂るというのは
大豆以外ではほとんど不可能だと言いますが、
豆が苦手だから肉派だという人も、肉で必要なタンパク質の量を満たすとすれば
余計なものがいろいろ摂れてしまい、ダイエットにはならないかと思います。
かといって、ふつうの水煮大豆の栄養成分を見ると、
140g辺りタンパク質18gとなっていて、
やっぱり1日に必要なタンパク質の量を、満たすのは結構大変だったりして
毎日の様にそこまで大豆ばっかり食べていたら
大豆アレルギーになってしまうかもしれないし
結果、ふつうに健康に気を付けた食事だと
タンパク質はどうしても不足してくるので
プロテインに頼るというのも効率の良い手だといいます。
ビタミン類は、ビタミン剤でとるより、野菜や果物を食べないと駄目なのですが
逆にたんぱく質の場合、ふつうの食物からだと消化する際に吸収率が落ちるので、
食物の中から、タンパク質だけを精製した、剥きだしの状態の、
プロテインの方が効率よく摂取できるというのがあるらしいです。

ただしタバコを吸う人は、肉とかをちゃんと食べて
動物性脂肪を摂った方が、ガンになりにくくなるそうで、
肉を食べないと、確かに中性脂肪が溜まらなくなりますが、
毒にも弱くなる?みたいな話を聞いたことがあります。

【PR】













大豆プロテインそのまま。
砂糖類・人工甘味料無添加のプロテイン
◎濃厚なチョコレート風味と好評!◎良質な北海道産大豆。お買い得。

スポンサーサイト


テーマ:ダイエット ダイエット ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

炭水化物ダイエット?

「炭水化物ダイエット」というものが有名ですが、
これは、体質が関わって来る部分が大きい様な気もしますが
私としては、ここまで太るための方法としか言い様のないような
馬鹿げたダイエット法はないと思います…。

というのも、「糖質さえ摂らなければ、脂肪が生産されないから
ご飯を食べずに肉だけ食べれば、いくら食べても太らない」というものだったり。

糖質を一切摂らないなんて極端な発想については
生きるために必要な
『水・塩・糖分』と第一に来るくらいの
糖質を摂らないなんていうことは不可能で、できたとしても
こんなに病気を招くリスクの大きなダイエット法はないかと思います。

満腹虫垂を刺激するものは、糖分です。
肉は消化吸収が悪いので、肉を食べると、胃が広がりやすくなります。
いくらタンパク質や脂質を摂っても、
胃を広げるだけ広げて、満腹虫垂を刺激する糖質が入ってこなければ
これこそ過食症になる原因になります。
あまりふだん肉をお腹いっぱい食べることができない人が
一時的にたくさん肉を食べて、痩せることがあったとして、
リバウンドを引き起こす要因がたくさんあります。

今までガリガリでどうしても太ることができなかった人が、
ご飯を食べるとすぐお腹いっぱいになってしまうから、むしろご飯を抜いて、とか…
肉を付けるための、奥義の様なもの。とも言えるかもしれません。

だってね。大体、炭水化物ダイエットをしているという人は
私が知ってる限りではみんな痩せていないです。
肉が好きで、代わりに炭水化物をダイエットしてるという人は
大体がちむちな肉がついていたり…。

あと糖質制限をして成功したっていう話は私が見る限りだとほぼ年の行った男性なのですが、
若い女の子が、華奢に可愛く痩せたいって言って
炭水化物を摂らないというダイエットをしたらとんでもなく逆効果な気がします。

むしろ、「お菓子しか食べない。」「お菓子を食事の代わりに食べる」という女の子は
実際、痩せてる人が多いです。私は肉が苦手なのですが
肉が一切食べれなかった頃、いくらご飯食べても痩せていました。
それにどちらかというと肉が苦手って言う人は、やっぱり痩せている人が多いですね。

『肉を食べると太る』という話と
『肉を食べないとタンパク質が不足して太りやすくなる』という話がありますが
後者が論理的な様な気がしますが、
実際のところはやっぱり前者の方が大きい気がします。
何故か?肉はやっぱり太るんだなって。
日本人はもともと肉を食べなかったからというのがあり
ご飯の中に含まれるたんぱく質を吸収する能力が高いという話があります。
実際肉も、たんぱく質よりも脂質の方が割合が大きく、コレステロールなどを上げる
どちらかといえば体に悪いと言われる脂肪で、
食べ過ぎで太った場合、ご飯の食べ過ぎで太った場合よりも
悪性な脂肪太りになるので体臭が臭くなったり、
強固に脂肪がついてしまうと、ご飯太りよりも、痩せにくいかもしれないです。

私は肉をたくさん食べることはないのでわからないですが
ご飯をたくさん駆けこんで食べたりすると、一時的に腹が突っ張る様な感じになりますが
一時的なもので、すぐに元に戻ったりして、
肉をたくさん食べると体型が横に広くなる、という様なイメージがあります。

逆に、肉が嫌いで甘いお菓子を食事の代わりに食べるという人は、
実際痩せてる人が多いと思うのですが、
炭水化物ダイエットというのであれば、
炭水化物しか食べない、というダイエットの方が
脳みそがストレスを感じにくく、むしろ成功しやすいような気がします。

血糖値が高くなるというと悪いことの様に言われがちですが
健常な若い人は、むしろ、血糖値が上がるから良いんです。

お菓子の中でも、アーモンドチョコレートなんかは、脂肪燃焼作用が高いし、
小豆や抹茶、きな粉などの和菓子も、同様で、
アイスなど、冷たい物は、若干ですが、カロリーの消費量を高くします。

それに甘い物は、満腹虫垂が早く刺激されて、満足感が早めにやってきます。
血糖値が高くなると、食欲が収まります。それが総摂取カロリーが抑えられる大きなところです。

個人的には甘い物をたくさん食べることがある時はあるのですが
太る心配はないですね
コーヒーを一日に2杯以上飲んでいると、糖尿病っていう心配はまったくないかなと思います。

一緒に糖質の分解をよくするコーヒーに、マグネシウムの摂りすぎは骨が溶けるというのがあるので
カルシウムたっぷりの低脂肪乳を入れて飲むのがおすすめです。

甘いものは食後ではなく食事前に食べると、満腹虫垂が早く刺激されるので
実際に食べる量が減らすことができるのでおすすめ。

糖分の多い飲みものは、ダイエットやむくみに大敵と言いますが、
過食に悩んでいるという人は
むしろ逆に、甘い飲み物を細めに口にする様に心がけてみたらいかがかな、と思います。

糖分は血糖値を上げて満腹中枢を刺激し、飲物は胃を広げないので、おすすめです。

甘い飲み物を飲むと、実際カロリーを摂っているから、痩せないという話もありますが
脳みそに満腹中枢を与えることから過食を改善していくという方法。

食べることでリラックスを感じている人は、飲むことでリラックスを得る様に改善したら
甘いドリンクはお菓子に比べて低カロリーで高糖分なことが多く、
摂取カロリーを減らして、満足感を得ることができます。

一番良いとされるのは、野菜ジュースを細めに飲むことですが
野菜ジュースは糖分が多いので注意が必要との旨を見かけることがありますが
糖質制限を気にして、野菜の糖分まで気にする様になったらそれこそ病気になってしまうと思います。

個人的には、午後の紅茶パンジェンシー(茶葉2倍)とかバンホーテンココアなんかが好きで
食事をちゃんと食べてなくて、間食の代わりに飲んだりして、かなり痩せた感じがあるのですが

というかココアや紅茶には高い健康効果や、ダイエット作用があるんですよね。

コーラとかファンタとかメロンソーダみたいな本当にただ糖分の塊の
ドリンクは良くないかもしれないです。

食事代わりのココアは本当に痩せると思いました。
ご飯と一緒に飲んだりすればカロリーが増えて太る原因にもなるかもしれませんが
ただじーっと黙って食べないよりかは、何かを口にして流動性をよくした方が良いので、
甘いココアを飲んだ方が確実に痩せると思います。

それに、少ない量で済ませるとしたら、
やっぱり脳や体がストレスを感じないのは炭水化物です。
「何か軽く食べる」という時に、オーソドックスなものが、おにぎりやパン、になりますが
完全に炭水化物オンリーということを気にして、フライドチキンとかの方が良いんじゃないか、と
考える人もいるかと思いますが、
単独で食べて、体に負担を一番与えないのがお米などの、炭水化物です。
肉オンリーの食事の時間がある生活を長い年月続けた場合、病気になるリスクは高くなりますが
お米オンリーという食事スタイルでは、病気になるリスクは低いんです。
それに肉オンリーで済ませると、食欲中枢がおかしくなり、後の過食の原因になります。

アスリートの人でご飯やパンなどの炭水化物を抜いた食事のスタイルを摂ることがありますが
効率良く、肉や体重を付ける為のものということです。

完全に体質によるものなんでしょうが、
個人的には痩せるというなら「炭水化物しか摂らない」とみるみるうちに、華奢に痩せていきます…。

厳密に言えば、お米や小麦はタンパク質が豊富ですし
お菓子は卵や乳製品がたっぷり含まれている栄養豊富なものが多いですが。

【PR】















●小麦粉ゼロ、砂糖ゼロ、卵ゼロ、
  8種類の味でおいしい♪
●おから100%?!驚きの満足感。


テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

油で痩せる

ダイエットというと『なるべくカロリーの低いものを選んで食べる…』
ということを連想しがちな人は多いですが
これは間違いと言っても過言ではありません。

キュウリやレタスなんかを食べていても、
そういった栄養素少ないほとんど水分である野菜や果物には脂肪燃焼作用がないので、
体の体型を変えることができないんです。

カロリーを摂れば無条件にボンッと太り、
カロリーを摂らなければ無条件にキュッと痩せるわけではありません。

『太っている体型』が『痩せてる体型』に変わる…という
一仕事が体の中に巡る過程には、エネルギー、つまりカロリーが必要になってきます。

特に『脂肪燃焼作用』と言われる効果がある食べ物というものはなにかというと、
ナッツや豆など、良質な脂肪分を含むものが中心になってきます。
脂肪分というと、太ると連想しがちですが、
実は、良質な脂肪分で脂肪が溶ける、ということです。

私が愛用していてお勧めなのは、オリーブオイルですが、
最近はココナッツオイルにもハマっています。

オリーブオイルやココナッツオイルには健康効果がたくさんあり
脳みそに効く成分から美肌効果まで、
オリーブオイルには髪もさらさらにする効果があり、
その他血液をさらさらにしたり、
老化や心臓病や病に効くような効果は同時に、
便秘やむくみにも効き、ダイエットとしての相乗効果があり、有名です。

詳しくは、他のサイトを検索などで調べていただくのをおすすめしますが
(Neverまとめサイト。相当詳しくオリーブオイルのことが載ってると思いました。)

以前に、結構食べても外食をせずにまとめ食いをしないっていうちょっとした工夫で
まあまあ痩せてる、っていう様な事を書いたと思いますが、
実はいうと私が自分で作っている料理には
大量にオリーブオイルを入れています。

「摂れば摂るほど痩せる」なんていう風に思ってあんまり大量に摂取しすぎて
やはり油だから太った…なんていう、話もありそうですが。

個人的に、オリーブオイルは今までの中で
ダイエットとしては一番と言えるくらいの効果がありました。

まず単純に、『油は少なめ』を今まで心がけていたのですが、
オリーブオイルを使い始めてから
『油は多め。オリーブオイルは幾らでも。』に変えてみたら、
ご飯だと、何杯でも食べれてしまうということはあっても
油ってそこまで大量に摂取しようとしても
結構、胃の方が早く満足感を感じてきて なかなか大量摂取っていうのも難しくて
確実に、満足感を早く、感じる様になりました。
これが実感してる人がかなり多いということですが。。
油を少なめを心がけると、後でお菓子が食べたくなったりとか、
それが『お菓子が食べたくなくなる』、というのが
『油でダイエット』の大きいところです…。

おまけに、摂りすぎは、油だから結局太るっていうことなのですが
スパゲッティにスープの様にドバーッと大量に注ぎ込むっていう
非常識なほど多くオリーブオイルを大量に摂取してみたりした経験なのですん゛、
次の日、まあ、なんというか微妙な話…ですが、
まず、太ってはいなくて、
結構、ぎゅっと引き締まりが良くなった様な、痩せた…?という様な感じがしました。
油を大量に摂ったものだから、なんとなく肌がてかてかと…
そして黒っぽくなったような…
筋肉質になった?…という様な感じ。

なので、個人的に思ったことなのですが、
よく太っている体型の人が急激にダイエットすると
皮が余って、体重は減っても結局美しくなくなってしまう…
という話を聞きますが、急激に摂取カロリーだけが減って、
体を痩せる体型に変える指令が働かないまんま、
体重だけが物理的に減ってしまった為だったりとかして、
太っている方が、別人の様にキレイに痩せるには
脂肪燃焼作用のある、脳みそから作用するという良質な油を摂取するというのは、
結構な要だったりするんではないかなぁ、と。

『たんぱく質を摂ると、筋肉が生成されて、体型が引き締まる』と思っていたのですが
私は肉類が苦手でタンパク質があまり摂取できてないことが多いのですが
そこで、油を、『オリーブオイル』を、多く摂ったら、
体型がこんなに簡単にギュッと引き締まって
筋肉質になるんだなということを思いました。。

ただの食パンを食べるのと
バターを塗った食パンを食べるのは、
バターを塗った食パンを食べた方が太ると思いますが、
ただの食パンを食べるのと、
オリーブオイルを掛けた食パンを食べるのは、大きく違って
ただのパンよりオリーブオイルを掛けた方が、
摂取カロリーは上がっているけれど、痩せる…。ということがあるんだと思います。

慣れて来ると、やっぱり『栄養価の高いカロリーの高いもの』なので
摂りすぎれば、やっぱりふつうに脂肪になるもの、だとは思いますが。

動物性脂肪に対する中和力というか、そういうのはかなり強そうな感じがします。
動物性脂肪が20gくらい含む料理に、
更にオリーブオイルを20gくらい掛けて足すと、
油の量としては40gこってりギトギトの料理になると思いますが
ただの動物性脂肪たっぷりの料理のままの状態よりも
動物性に脂肪に含まれる、脂肪の蓄積成分と、
オリーブオイルの脂肪に含まれる脂肪の分解の成分が
うまく戦ってくれて、太らずにすっきりと、痩せられたりして…。

ただし↑で紹介したNeverまとめサイトにも書かれているのですが
オリーブオイルは偽物?が多く出回っているらしく
それに、古くなって、酸化してしまうと、ふつうの油と同じ様に
体に悪い成分もでてくるので注意が必要です。
オリーブオイルのポリフェノール等の成分は加熱に弱いらしく、
オリーブオイルで食材を痛めるのではなく、
出来上がった上から掛けて食べるのがおすすめということです。
確かに直感的に、その方が胃がすぅっとする感じがしたので
自然にそうしていました。。

オリーブオイルやココナッツオイルじゃなくても
植物油ってそもそも、中性脂肪を下げる働きをしてくれるのですが
安い油は生成される際にそういう酵素がきちんと保存される様に
管理をきちんとして作られていなかったりして
つまりちゃんとした、植物性の油のものだと
オリーブオイルの体表的なオレイン酸などをを含むものも多いんですね

ココナッツオイルは、ココナッツオイル自体は
美肌効果とか、健康効果を実感してるという人は多いけれど
ダイエットとしてはあまり注目してる人は少ない様な気がしますが
個人的にはココナッツオイルも強いダイエット効果があると思います。

お菓子を食事の代わりに食べたりする時があって、
お菓子に+ココナッツオイルを塗る、というだけで
『血流が良くなって脂肪が溜まらない』というのか、
脂肪がつきにくい、というのを実感しました。
それに油分を多く摂ってるので、やっぱり満足感が早いですね。

ココナッツオイルって夏以外は、白く、固まってしまうんですよね。
固まったココナッツオイルのその食感と良い、
匂い的にも、油なのにそのものがお菓子みたいで、おいしいです。

ココナッオイルも、オリーブオイルも
そのまま食べたり飲んだりするのも、ダイエットにおすすめ、
ということです。

オリーブオイルやその他、植物油は、酸化しやすいのに対して、
ココナッツオイルは、酸化せずに保存が効く、というのが特徴です。
ただし、夏はカビが生えやすいので、洗った後、ちょっとでも水を切ってないスプーン突っ込んだだけで
アウトだったので、注意が必要です。

ココナッツオイルNeverまとめ の方も。


【PR】







⇒Amazonのオリーブオイルの商品一覧はこちら




テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

«  | HOME |  »

プロフィール

R

Author:R
レジームとは…フランス語でダイエットのこと。

中学生の頃から、食物の栄養素のことなどをを調べていて
ダイエットに関する情報が多かったので興味を持って調べていました。
私は特に医者になる気も専門科でもなんでもなく、
責任を持ってブログを書けないなと思っていたのですが

世の中に健康法やダイエット法っていろいろなものがあるけれど、
あまりに健康学に無知なものを、見聞きしたりすると
信じられないなー…、と、気まぐれで書いて行こうと思います。

1日に絶対に必要な基礎代謝量が1200kcalと言っても
アフリカの人はピーナッツ5粒で一日を凌いでいたりとか
はたまた大食いチャンピオンなのにスタイルの良い女性とか、
人体って、必ずしも身体学的に教えられてる様にはできていないんだなーとか

健康学って、本当に人それぞれの体質とかもあるんだろうなと思います。
自分に合わない、健康法だと、逆に体を壊してしまったりと…
あくまで人それぞれ、自分にあってる健康を見つけるのが大切だと思います。

■プロフィール
91年生まれ。性分化疾患という障害があります。

身長:159cm
体重:鍛えてウエイトを増やそうと思ったこともあるけれど
50kg行った事はない。

測定機とかで測ったりすると、
基礎代謝量が1000kcal未満で
80代女性並みとか、
筋肉率36%、体脂肪率5%のアスリート並み、という数値が出たりとか
よくわからない体をしています。

食生活は、動物性のものが苦手で基本、たんぱく質を摂らない。
低脂肪乳は1日500cc摂ります。
野菜・果物・豆・芋・穀物すべてが好きです。
チョコや豆やナッツをよく摘まんでいて食事の間隔は空けていません。
コーヒーや紅茶を一日2~3杯飲みます。
オリーブオイルとココナッツを使っています。
中性脂肪はほぼ0、血液の状態がとても良いとよく医者に言われます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
15088位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
4348位
アクセスランキングを見る>>


にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング


健康と医療 ブログランキングへ

ダイエット

PVランキング

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

blogramのブログランキング

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

PR

◆カカオ100%◇(300g)

【A8.net】


小麦粉ゼロ、砂糖ゼロ、卵ゼロ、8種類の味でおいしい♪


これが本当のおからクッキー!


遺伝子検査キット「MYCODE(マイコード) ヘルスケア」 病気(3大疾病のがん・心筋梗塞・脳梗塞 等)と体質(長生き・肥満・肌質 等)の遺伝的傾向を知るフルパッケージ MYCODEを登録し、検査キットを郵送で送り、あなたが属する遺伝子型と同じ遺伝子型をもつ集団から特定の病気が発症する統計的傾向を割り出します。


サプリメント先進国アメリカNo1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。